注文住宅のミハラホーム(田尻工務店):大阪府堺市・富田林市・河内長野市で長期優良住宅、低炭素住宅を提供  の トップページへ戻る


ミハラホームは「低炭素住宅」に取り組みます!


低炭素住宅低炭素住宅は、二酸化炭素の排出量が低減された住宅のこと。
ちょっと難しい話になりますが・・・

東日本大震災を契機としてエネルギーの需給が変化し、国民の
エネルギー利用や、地球温暖化問題に関する意識が高まってきました。
そんな中、低炭素・循環型社会の構築を図り、持続可能で
活力ある国土づくりを推進することが重要な課題となっています。
(国土交通省公式サイト「低炭素建築物認定制度 関連情報」より)

そこで、「都市の低炭素化の促進に関する法律」が
平成24年9月5日に公布され、
平成24年12月4日に施行されました。
一般家庭では、低炭素住宅を建てましょう、ということになるのです。
低炭素住宅は税制優遇措置等の対象となりますが、そのためには認定を受ける必要があります。


ミハラホームでは、「低炭素住宅」の認定に関する申請サポートの準備を進めております。




「低炭素住宅」の認定に必要な技術基準は・・・


① 平成24年改正省エネ基準(※)より、
 一次エネルギー消費量をマイナス10%


② 下記の低炭素化措置から2つ以上選択

認定に必要な選択項目


● 節水型便器・水栓(半数以上)、食器洗浄機の設置
● 雨水・井水または雑排水の利用のための設備の設置
● HEMSなどのエネルギーマネジメントシステムの設置
● 太陽光発電など再生可能エネルギー+蓄電池の設置
● 緑化などの一定のヒートアイランド対策
● 住宅の劣化軽減措置
● 木造住宅・木造建築物
● 高炉セメント・フライアッシュセメントを構造耐力上主要な部分に使用



認定「低炭素住宅」には、こんなメリットがあります!


■ メリット①
 住宅ローン減税(所得税)の最大控除額が10年間で100万円引き上げ
■ メリット②
 登録免許税率引き下げ
■ メリット③
 容積率の緩和(省エネ設備等を設置する部分の床面積についての緩和) 
■ メリット④
 フラット35SエコAプランの技術基準に追加
基準金利よりも10年間マイナス0.3%お得になります。



※平成24年改正省エネ基準とは、断熱、日射取得などの外皮性能に加え、
 空調、給湯、照明などの住宅設備、 太陽光発電などの創エネ設備を含めた(家電を除く)、
 住宅全体の一次エネルギー消費量を算出する方式を用いた基準です。
 詳細は住宅・建築物の省エネルギー基準及び低炭素建築物の認定基準に関する技術情報をご参考ください。


資料請求お問合せ